更新日:2022年06月24日 | 公開日:2020年09月03日

XM (エックスエム) の入金方法を徹底解説!入金が反映されるまでの時間や各方法ごとの入金手数料などを一挙紹介!

この記事のポイント

XMの入金方法の種類

XMの目的別おすすめ入金方法

XMの入金ルール

XMでは5種類の入金方法を選ぶことができます。

5種類の入金方法それぞれに出金方法、最低入金額、口座への反映時間など異なった特徴があります

この特徴を理解しないで入金方法を決めてしまうと、 出金時に無駄な手間をかけてしまうこともあるため正しく理解してから入金方法を決める必要があります。

本記事では、XMの入金方法とボーナスについて紹介していきます。

気になるトピックをタップ!

XM (エックスエム) の入金方法について

利用できる入金方法

XMへ入金する方法は全部で5種類の方法があります。

1

国内銀行送金での入金

2

クレジットカード/デビットカードでの入金

3

bitwalletでの入金

4

STICPAYでの入金

5

BXONEでの入金

入金方法を選択する際に注意しなければいけないのが、 選択した入金方法によって最低入金額と出金方法が変わってきてしまうことです

入金手数料・最低入金金額

入金方法による入金手数料の違い

入金方法

入金手数料

最低入金金額

国内銀行送金

無料

10,000円

クレジットカード/デビットカード

無料

500円
※JCBブランドは10,000円

bitwallet

無料

500円

STICPAY

無料

500円

BXONE

無料

500円

XMは、すべての入金方法で 入金手数料が無料になっていますが、 国内銀行送金のみ振込手数料がかかってしまいます

入金が反映されるまでにかかる時間

入金方法による口座反映時間の違い

入金方法

口座反映時間

国内銀行送金

30分から1時間(営業時間内)

クレジットカード/デビットカード

即時

bitwallet

即時

STICPAY

即時

BXONE

即時

国内銀行送金以外の入金方法で入金する場合、入金手続きを行って口座には即時反映されるので、 すぐに取引を行いたい人にとってはおすすめの入金方法です

国内銀行送金は、営業時間内に入金を行えば 30分から1時間程度で反映されますが、 営業時間外での入金は翌営業日での反映になるので注意が必要です

XM (エックスエム) の入金ルール

XMの取引口座に入金する際は、入金する通貨や入金方法によって独自のルールが定められています。 ルールに則らなければ、入金に余計な時間がかかったり、入金額が口座に反映されなかったりすることがあります。

したがってXMで取引を始める前には、入金のルールをしっかり理解しておく必要があります。

入金する通貨によって入金方法が異なる

XMでは取引口座の基本通貨をJPY(日本円)、USD(米ドル)、EUR(ユーロ)から選べます。それぞれの基本通貨ごとで可能な入金方法も異なります。

各入金方法に対応している基本通貨

入金方法

JPY(日本円)

USD(米ドル)

EUR(ユーロ)

国内銀行送金(日本)

VISA

JCB

×

bitwallet

×

×

STICPAY

BXONE

×

×

コンビニ入金

×

×

基本通貨をJPY(日本円)で取引をしているのであれば、 すべての入金方法を選ぶことができます。

なおJCBに関しては、入金には対応していますが、出金には対応していません。JCBで出金する際は、国内銀行送金を選択してください。

入金以上の金額 (利益) は国内銀行経由でしか出金できない

XMでは豊富な出金方法を提供していますが、注意しなければならない出金ルールが存在します。 取引で得た利益分を出金する際は、国内銀行送金を使用するというルールです。

各出金方法の特徴

出金方法

最低出金額

出金上限額

利益分の出金

国内銀行送金(日本)

10,000円〜

無制限

クレジット/デビットカード(VISA)

500円〜

入金金額まで

×

bitwallet

500円〜

入金金額まで

×

STICPAY

500円〜

入金金額まで

×

BXONE

500円〜

入金金額まで

×

国内銀行送金以外の出金手段は全て、入金額までしか出金できないことになっています。

出金の具体例

xm 入金11.png

例えば10万円をVISAで入金して、取引で10万円の利益が出たとします。20万円全てを出金したい場合、10万円をVISA、残り10万円を国内銀行送金で出金する必要があります。

また、国内銀行送金の最低出金額は1万円なので、入金額以上の利益を国内銀行送金で出金する場合は1万円を上回っている必要があります。

取引口座の登録名義と同一の口座のみ出金が可能

XMではマネーロンダリング対策で、登録名義以外の口座への出金を禁止しています。

マネーロンダリングとは不正に入手したお金の出所をわからなくするために、他人の口座を経由させることを言います。

例えば、家族の誰かの口座から入金を行なって自分の銀行口座に出金するような行為は、マネーロンダリングを疑われる行為となります。

もし他人の口座を入金や出金に使用した場合、入金資金の返金や出金拒否などになることがあるので注意しましょう。

XM (エックスエム) の目的別おすすめ入金方法

入出金を簡単に済ませたい

入出金を簡単に済ませたいのであれば、国内銀行送金で入金するのがおすすめです。なぜなら、 国内銀行送金のみ出金時に全額を海外銀行送金で出金申請することができるからです。 

しかし、国内銀行送金で入金する場合は、他の入金方法と違い 最低入金額が1万円以上に設定されているのと、口座に入金が反映されるまで時間がかかるので注意が必要です。

すぐに入金したい

すぐに入金したいのであれば、おすすめの入金方法は

クレジットカード/デビットカードでの入金

bitwalletでの入金

STICPAYでの入金

BXONEでの入金

この4種類です。

これらの入金方法であれば、口座への入金が 即時反映されるため、取引もすぐに始めることができます。

しかし、この4種類の入金方法で入金してしまうと出金時に国内銀行送金の様に、 全額海外銀行送金で出金ができないので注意が必要です

手数料のコストを減らしたい

入金の際の手数料などを減らしたい人におすすめの入金方法は、

国内銀行送金での入金

クレジットカード/デビットカードでの入金

この上記2種類です。他の3種類の入金方法だと、 XMへ入金する際の手数料は無料で設定されています

電子ウォレットに入金する際は手数料が発生してしまい、余計なコストがかかってしまいます。

時間に縛られずに好きな時に入金したい

時間に縛られずに好きな時に入金したい人におすすめの入金方法は、

クレジットカード/デビットカードでの入金

bitwalletでの入金

STICPAYでの入金

BXONEでの入金

この上記4種類です。

この4種類の入金方法であれば、 24時間いつでもXMに入金することができます。しかし、 土日・祝日は入金自体はできますが、XMが休みのため、口座への反映は休み明けになってしまいます。

少額入金をしたい

入金金額を少額にしたい人におすすめの方法は、

クレジットカード/デビットカードでの入金

bitwalletでの入金

STICPAYでの入金

BXONEでの入金

上記4種類です。

この4種類の入金方法は、 最低入金金額が500円以上なので、少額の入金をしたい人におすすめです。ただし、 JCBのクレジットカードのみ最低入金金額が1万円以上に設定されているので注意が必要です

XM (エックスエム) に国内銀行送金で入金する

国内銀行送金での入金は、出金がとても簡単に行えるメリットがあります。

他の入金方法で入金を行った場合、 入金した額までしか出金できません

利益分を出金したい場合は必ず 海外銀行送金を選択し出金しなければいけないため、出金手続きが2回必要になってしまいます。

その点国内銀行送金は、出金限度額の制限がないため、利益分もまとめて1回で出金でき、簡単に出金を行うことができます。

入金手数料と反映にかかる時間

出金は簡単ですが、 国内銀行送金は最低入金額が1万円からになっているので注意が必要です。

口座への反映時間に関しては、 国内銀行送金は営業時間内であれば30分程度で反映されます。しかし、営業時間を超えてしまうと翌営業日に反映されてしまうので、他の口座の様に即時反映されない点も理解して入金する必要があります。

入金手順

xm 入金14.png

XMへ国内銀行送金で入金する場合、XMのサイトから会員ページにログインする必要があります。

xm 入金10.png

会員ページにログインすると、ページ上部に「資金を入金する」が表示されるのでクリックしてください。

xm 入金1.png

入金方法一覧のページが表示されるので、入金方法一覧からLocal Bank Transferの「入金」を選択します。

xm 入金3.png

銀行振込情報が表示されるので、 表示された口座に振込を行うことで入金完了です

国内銀行送金の際の注意点は、必ず振込名義人を 「ローマ字氏名+MT4/MT5の口座番号」に変更して振込を行うことです。変更せず振込を行うと、 確認作業に時間がかかり口座反映が遅れてしまいます

楽天銀行、三井住友銀行、ソニー銀行は入金できる

XMでは入金方法と出金方法を一致させる必要があります。また、利益分の出金には必ず「国内銀行送金」を使用するというルールもあります。

XMの「国内銀行送金」には対応している銀行と対応していない銀行があり、特に楽天銀行、ソニー銀行、三井住友銀行は非対応の銀行というイメージを持たれている方が多いようです。

結論から言うと、XMの「国内銀行送金」は 楽天銀行、ソニー銀行、三井住友銀行のいずれにも対応しています。

xm 入金19.png

出金の際は上のような情報入力画面が表示され、それぞれを「英語」で入力する必要があります。

銀行名を選択する箇所を確認すると、楽天銀行(Rakuten Bank)、ソニー銀行(Sony Bank)、三井住友銀行(SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION)が選択可能になっています。

参考までに3行の出金時に入力する情報を記載します。

楽天銀行

銀行名:Rakuten Bank

SWIFTコード:RAKTJPJT

銀行所在地:1-14-1 "Tamagawa, Setagaya-ku,Tokyo,Japan"

支店コード:自分の口座の支店コード

ソニー銀行

銀行名:Sony Bank

SWIFTコード:SNYBJPJT

銀行所在地:2-1-6 "Uchisaiwaicho,Chiyoda-ku,Tokyo,Japan"

支店コード:自分の口座の支店コード

三井住友銀行

銀行名:SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION

SWIFTコード:SMBCJPJT

銀行所在地:自分の口座の支店住所

支店コード:自分の口座の支店コード

XM (エックスエム) の出金に非対応の金融機関

一方でXMの出金に非対応の銀行もあります。これらの非対応の銀行には2つの特徴があります。

SWIFTコードがない

海外送金を受け付けてない

この特徴に当てはまり、XMの出金に非対応の銀行は以下のような銀行です。

ゆうちょ銀行

新生銀行

ジャパンネット銀行

セブン銀行

じぶん銀行

みずほ銀行(インターネット支店のみ)

各銀行のSWIFTコードは「ギンコード.com」から調べることができます。

また、代表的な銀行のSWIFTコードは以下の通りです。

三井住友銀行:SMBCJPJT

ソニー銀行:SNYBJPJT

楽天銀行:RAKTJPJT

三菱UFJ銀行:BOTKJPJT

住信SBIネット銀行:NTSSJPJT

XM (エックスエム) にクレジットカード・デビットカードで入金する

XMへの入金方法の1つであるクレジットカード/デビットカードでの入金は、 24時間いつでも入金ができクレジットカードで入金した場合クレジットカードのポイントなども貯まります。

しかし、XMの入金に使えるのは「VISA」と「JCB」の2つのブランドのみしか使えないのですが、 VISAとJCBカードの中にも入金に使用できないものもあるので注意が必要です

また、クレジットカードで入金する場合は、出金時に利益分は銀行送金になってしまいます。クレジットカードはショッピング枠を利用しての入金になるので、出金する場合ショッピング枠で入金した額が返金処理扱いとなり、入金額分が手元に戻ってくる仕組みになっています。この返金処理にかかる時間は、カード会社によって異なり実際に入金額分が返金処理されるまでに 最大2ヶ月ほどかかる場合もあるので注意が必要です。

デビットカードでの入金した場合は、 クレジットカードに比べて返金処理が完了するのが早い傾向にあります

入金手数料と反映にかかる時間

クレジットカード・デビットカードで入金する場合、手数料は一切かかりません。また、 入金後すぐに反映されるためすぐに取引をしたい人におすすめの入金方法です。また、最低入金金額に関しても、 VISAのクレジットカードで入金する場合は最低入金金額500円から入金することができます。

しかしながら、 JCBのクレジットカードで入金する場合は最低入金金額が1万円からになっていることに関しても注意が必要です。

入金手順

xm  入金14.png

XMへクレジットカード/デビットカードで入金する場合、 XMのサイトから会員ページにログインする必要があります

xm  入金10.png

続いてマイページ上部にある「資金を入金する」をクリックしてください。

xm 入金15.png

入金方法一覧から入金に利用するクレジットカード/デビットカードのブランドを選択し「入金」を選択します。

xm 入金4.png

入金ページが表示されたら、希望の入金金額を入力し「入金」を選択してください。

xm 入金7.png

XMの口座番号と入金額が表示されるので誤りがなければ「確定」を押しカード情報を入力して入金完了です。

入力するカード情報は、

カード名義人

カード番号

有効期限

セキュリティコード

国番号(JCBカードのみ)

上記内容になっていますが、カード情報が間違っていると入金ができません。

また、 XMの口座の名義と異なるカード名義での入金もできないので注意が必要です。

XM (エックスエム) にbitwalletで入金する

XMへの入金方法の1つであるbitwalletでの入金を行うには、 bitwallet口座を開設してから入金する必要があります

XMでのbitwallet入金は、基本通貨がドルとユーロの口座には対応しておらず、 基本通貨が円の取引口座のみ対応しているので注意が必要です。

そのため、bitwalletで入金したい場合はXMでも基本通貨が円の口座を開設してある必要があります。

bitwalletで入金するメリットとしては、

XMへの入金手数料が無料

24時間いつでも入金可能

入金後の口座反映が即時反映される

bitwallet口座に資金を置いておくことができる

などがあります。また、bitwallet口座へ一度入金してからXMへ入金する必要があり、 入金する際に入金手数料がかかってしまうこともデメリットとして挙げられます

入金手数料と反映にかかる時間

bitwalletで入金するにはまずbitwallet口座へ入金する必要があります。

bitwallet口座への入金方法は、

銀行振込

クレジットカード/デビットカード

Apple Pay

の3種類の方法で入金することができます。 それぞれに入金手数料と反映時間に差があります

入金方法ごとの入金手数料と反映時間

入金方法

入金手数料

反映時間

銀行振込

入金額の0.5%

即時反映

クレジットカード(VISA/Mastercard)

入金額の8%

即時反映

クレジットカード(AMEX/JCB/Diners/Discover)

入金額の8.5%

即時反映

Apple Pay

入金額の5%

即時反映

入金手順

xm   入金14.png

XMへbitwalletで入金する場合、 XMのサイトから会員ページにログインする必要があります

xm   入金10.png

会員ページにログインしたら、ページ上部に「資金を入金する」をクリックしてください。

xm 入金27.png

入金方法一覧のページが表示されるので、bitwalletの「入金」を押します。

xm 入金2.png

入金ページが表示されるので、メールアドレスと入金金額を入力してください。

xm 入金23.png

「入金」を押すと確認画面が表示されるので、誤りがなければ「確定」を押します。

その次はbitwalletのログインページが自動で表示されるので、「メールアドレス」「パスワード」を入力ます。

その後、「私はロボットではありません」にチェックを入れてbitwalletにログインすると、送金画面が表示されるので、送金金額を確認して誤りがなければ「決済する」を押すことで入金完了です。

XM (エックスエム) にBXONEで入金する

BXONEとは、ビットコインなどの仮想通貨も扱っている、オンラインウォレットのサービスを提供している会社です。ドル・円・ユーロなど合計10種類の通貨の管理が可能です。

XMへの入金は、 基本通貨が円の円建て口座のみ対応しています

BXONEで入金するメリットは、

XMへの入金手数料が無料

24時間いつでも入金可能

入金後の口座反映が即時反映される

仮想通貨に交換できる

などがあります。

しかしデメリットとしては、bitwalletと同様で、BXONE口座へ一度入金してからXMへ入金する必要があることです。

また、BXONE口座へ入金する際に、 クレジットカードで日本円の入金ができないので注意が必要です

入金手数料と反映にかかる時間

BXONEで入金するにはまずBXONE口座に入金する必要があります。

BXONE口座への入金方法は、

国内送金

海外送金

仮想通貨

の3種類の方法で入金することができます。それぞれに入金手数料と反映時間に差があります。

送金手段ごとの手数料と反映時間

送金手段

手数料

反映時間

国内送金

100万円以上は入金額の0.5%/100万円未満は入金額の1%(最低980円)

1時間以内

海外送金

1万ドル相当以上は無料/1万ドル相当未満は入金額の1%(最低20ドル)

2~4営業日

仮想通貨

無料

5分以内

上記が入金手数料と反映にかかる時間です。

入金手順

xm    入金14.png

XMへBXONEで入金する場合、XMのサイトから会員ページにログインする必要があります。

xm    入金10.png

会員ページにログインしたら、ページ上部の「資金を入金する」をクリックしてください。

xm 入金9.png

入金方法一覧のページが表示されるので、BXONEの「入金」を押します。

xm 入金26.png

その次に、入金ページが表示されるので、アカウント番号と入金金額を入力して「入金」を押します。

xm 入金21.png

確認画面が表示されるので誤りがなければ「確定」を押します。

その後、 BXONEのログインページに自動で移動するので必要事項を入力しログインします。ログイン後、送金画面に移行するので送金金額に誤りがなければ「continue」ボタンを押すことで入金完了です。

XM側でBXONEからの入金が確認できると、XMから「入金が成功しました」というメールが届くので、XMの口座に入金した額が即時反映されます。

XM (エックスエム) にSTICPAYで入金する

STICPAYとは、電子マネー決済サービスの1つです。 海外FX口座・ブックメーカー口座・オンラインカジノ口座などに入出金できる特徴があります
また、STICPAYを直接使って買い物も行えたり、個人間での送金などを行えたりすることも特徴です。

STICPAYでの入金はbitwalletとBXONEとは違い、 基本通貨が円・ドル・ユーロのすべての口座に対応しています

STICPAYで入金するメリットは、XMへの入金手数料が無料で24時間いつでも入金可能なことが挙げられます。口座への反映時間は即時反映ではないですが、入金から 数分以内で反映されるのであまり気にすることはないと思います。

STICPAYでの入金のデメリットは、bitwalletとBXONEと同様に、 STICPAYの口座に入金する際に入金手数料がかかることと、事前に STICPAY口座の開設が必要なことです。

入金手数料と反映にかかる時間

STICPAYで入金するためにはSTICPAY口座に入金する必要があります。

STICPAY口座への入金方法は、

国内送金

海外送金

クレジットカード

仮想通貨

の4種類の方法で入金することができます。それぞれに入金手数料と反映時間に差があります。

入金方法ごとの入金手数料と反映時間

入金方法

入金手数料

反映時間

国内送金

入金額の2%

1時間以内

海外送金

入金額の1%+リフティングチャージ

3~5営業日

クレジットカード(VISA/Master card)

入金額の3.85%

5分以内

仮想通貨(bitcoin/Litecoin/Ethereum)

入金額の1%

2~3時間以内

入金手順

xm     入金14.png

XMへSTICPAYで入金する場合、XMのサイトから会員ページにログインする必要があります。

xm     入金10.png

会員ページにログインしたら、ページ上部の「資金を入金する」をクリックしてください。

xm 入金22.png

入金方法一覧のページが表示されるので、STICPAYの「入金」を押します。

xm 入金17.png

その次に入金ページが表示されたら、入金金額を入力し「入金」を押します。

xm 入金13.png

確認画面が表示されるので、XM口座のIDと入金金額を確認して誤りがなければ「確定」を押します。

その後、STICPAYのログインページに自動で移動するので、

「メールアドレス」

「パスワード」

「生年月日」

の必要事項を入力しログインします。ログイン後に入金額を確認して誤りがなければ、「今すぐ支払う」を押すことで入金が完了します。

XM側でSTICPAYからの入金が確認できると、 XMから通知が届くのでXMの口座に入金した額が数分で反映されます

XM (エックスエム) にコンビニ入金する

XMでは2020年末からコンビニからXMの口座に入金できるようになりました。入金をしたいと思ったタイミングで近くのコンビニにある発券機から支払伝票を発行し、レジで入金することができます。

コンビニ入金のメリットとデメリットは以下の通りです。

コンビニ入金のメリット

24時間365日入金可能

事前登録不要

コンビニが近くにあれば気軽に入金できる

入金が即時反映

履歴に残らない

コンビニは24時間営業しているので、入金したいと思ったタイミングでコンビニへ行けば入金が可能なのはとても便利です。また、他の入金方法と違って手元の現金で入金が可能なので、銀行口座やクレジットカードに支払いの履歴が残りません。特別な事情で入金履歴を残したくない場合にはぜひ利用してみてください。

コンビニ入金のデメリット

最低入金額が1万円

1回の最大入金額が20万円

月の最大入金額が100万円

小さな資金で取引を始めたい方にとっては最低入金額が1万円であることがデメリットになりえます。同時に大きな資金で取引がしたい方にとっても、1回の最大入金額が20万円なのは物足りなく感じるかもしれません。

入金手数料と反映にかかる時間

コンビニ入金でかかる手数料は入金額によって異なります。

入金額

手数料

1万円〜5万円

一律300円

5万円より大きい金額

300円+収入印紙代200円

以前は手数料が一律280円でしたが、現在は一律300円に値上がりしているので注意してください。

コンビニ入金は最低入金額が1万円なので、1万円以上5万円以下の入金額の場合は手数料が一律300円になります。

入金額が5万円より大きい場合は、法律上の決まりで収入印紙代として200円が追加徴収されます。

また、コンビニ入金を選択した際は、出金は全て国内銀行送金で行います。国内銀行送金での出金は、出金額が40万円以上の場合は手数料が無料ですが、出金額が40万円未満の場合は一律2500円の手数料がかかります。

入金の時だけではなく、出金の時にも手数料がかかる場合があるので注意しましょう。

コンビニ入金は、コンビニへの移動や発券機の操作等で時間がかかりますが、レジでの支払いを終えると口座に即時反映されます。

深夜の時間帯にすぐに入金して取引がしたくなった際にはコンビニ入金は最適の入金方法だと考えられます。

入金手順

コンビニ入金の手順は以下の通りです。

1

会員ページで「資金を入金する」を選択

2

Local Transferを選択

3

入金額を確定

4

口座ID、入金額を確認

5

外部ページから「コンビニ決済」を選択

6

決済情報を確認

7

コンビニ支払いの番号を確認

8

コンビニに移動して決済

コンビニ入金を行う際は、他の入金方法と同様にXMの会員ページから入金額の確定を行う必要があります。コンビニ入金を利用するにあたって別サイトの会員登録などは不要ですが、2〜3分程度で終わる入力作業が必要です。いきなりコンビニに行って入金ができるわけでないので注意しましょう。

以下でコンビニ入金の手順を詳しく解説します。

xm 入金25.png

XMの会員ページにログインし、画面上部にある「資金を入金する」をクリックします。

xm 入金28.png

入金方法の選択画面に映ります。入金方法の中からコンビニのアイコンの「Local Transfer」をクリックします。

xm 入金24.png

入金額(JPY)の欄に入金額を入力します。最低入金額が1万円で最大入金額が20万円なので、入金額がその範囲におさまるように入力してください。

入力が完了したら「入金」をクリックします。

xm 入金5.png

入金対象の口座のIDと入金額が表示されるので、それぞれチェックしてください。間違いなければ、「確定」をクリックします。

すると、決済代行会社のページに移動するので、画面の指示に従って操作を行いましょう。

Webでの手続きがすべて完了したら、最後にコンビニの発券機にて手続きを行います。場所がわからない場合は、店員さんに聞いてください。

発券機にて支払伝票を印刷してください。印刷された支払伝票をレジに持っていき、支払いをすればコンビニ入金は完了です。

XM (エックスエム) にビットコインで入金する

ビットコインを使っての入金は、XMでは 現在使用不可なので注意が必要です。

入金手順

XMへビットコインで入金する場合、XMのサイトから会員ページにログインする必要があります。

会員ページにログインすると、ページ上部に「資金を入金する」をクリックし、入金方法一覧のページが表示されるので、ビットコインの「入金」を押します。

その次に、入金ページが表示されたら、入金金額を入力し「入金」を押します。

その後、確認画面が表示されるので入金金額を確認して誤りがなければ「確定」を押します。

スキャンとコピーを選択できます。

スキャンを選択する場合は、 スキャンを押して、QRコードをスキャン、コピーの場合は 入金額とアドレスに間違いがな以下を確認して、ビットコインを送信して入金完了です。

入金の手続きが完了してから1時間程度で入金が反映されます

XM (エックスエム) に入金ができない、反映されないときの対処法

XMで入金ができない、または入金したが口座に反映されない時は以下のことが原因と考えられます。

XMの口座が有効化されていない

振込人名義を「ローマ字氏名+MT4/5口座番号」にしてない

XMアカウントの登録名義と振込元の名義が異なっている

入金可能額の範囲を外れている

入金方法と入金した基本通貨が非対応

単に入金の反映に時間がかかっている

入金に時間がかかっている時は、こちら側のミスが原因で遅れている可能性が高いです。

もし原因がわからなかった場合は、XMのカスタマーサポート部に問い合わせてみてください。XMではライブチャットでのサポートも平日24時間体制で受け付けているので、すぐに解決したい方にはオススメです。

XM (エックスエム) の入金ボーナス

XMの入金ボーナスは2種類あります。

入金額の最大5万円まで100%のボーナスが付く「100%ボーナス」

100%ボーナスが終了後、入金額の20%が45万円を上限として獲得できる「20%ボーナス」

XM (エックスエム) の入金に関するよくある質問

Q : 口座残高がマイナスになった場合追加入金の必要性はありますか?

XM口座内の残高が万が一にマイナスとなってしまった場合でも、 マイナス分を補填する入金等は必要ありません。先物取引やCFD取引には、マージンコールとも呼ばれる追加証拠金、通称「追証」があり、相場変動等による証拠金の不足額を追加で入金しなければなりません。

XMでは 追証のないゼロカットシステムが敷かれ自動的にマイナス分がリセットされるため、次回の入金時にマイナス分を差し引かれるといったこともありません。

ただし、マイナスを被ったタイミングで口座内にボーナスが残っている場合は、自動でボーナスからマイナス分を補填する処理がなされるようになっています。

Q : デモ口座に追加入金することは可能ですか?

デモ口座に追加入金をすることはできません。

資金を再びリセットしてデモ取引をしたい場合は、新しいデモ口座を開設してください。ただし、XMで開設できるデモ口座は5つまでなので注意しましょう。

Q : JCBで入金は可能ですか?

2021年12月現在、JCBでの入金は可能です。

現在入金で使用できるクレジット/デビットカードは「VISA」と「JCB」の2つになっています。ただしJCBは入金のみの対応なので、出金は「国内銀行送金」を利用しましょう。

Q : ゆうちょ銀行から送金することは可能ですか?

可能です。

ゆうちょ銀行から入金することは可能ですが、出金の際には送金先に指定することができません。また、ゆうちょ銀行以外にも以下の銀行は出金の送金先として指定できません。

ゆうちょ銀行

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

セブン銀行

したがってゆうちょ銀行から入金した場合は、出金先に上記以外の自分名義の銀行口座を指定してください。なお、出金先の銀行はSWIFTコードを保有する銀行である必要あります。

Q : 入金した会社と出勤する会社の規定はありますか?

入金先・出金先の会社や金融機関における 規定は自分でそれぞれ利用先の窓口に直接問い合わせる必要があります。銀行送金を行う場合に着金先の銀行側が銀行情報の記載内容や中継する銀行を指定するケースもあるため、利用先に規約と合わせて確認しておきましょう。

またゆうちょ銀行といった、XMからの出金に対応していない金融機関が一定数存在します。非対応の金融機関に関しては、会員ページの 「出金リクエストページ」で確認できるため、余裕のある時に参照しておくことをおすすめします。

送金元と着金先の両方に問い合わせることで、トラブルの際の解決も早まります。

XM (エックスエム) の入金に関するまとめ

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

XMの入金方法には、それぞれに出金方法も決められているため、 XMに入金する場合は出金方法を確認することも大事です

入金方法によって 最低入金金額や口座への反映時間に差があるので、それぞれの入金方法の特徴を理解して自分に合った入金方法を選択することも必要です。

また、入金ボーナスもあるので有効に活用できるような入金方法を選択することも重要になります。

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.