更新日:2021年12月08日 | 公開日:2020年10月31日

XM (エックスエム) のデモ口座開設方法を画像とともに紹介!MT4へのログイン方法や、取引できない時の対処法まで徹底解説!

この記事のポイント

XMのデモ口座を開設する方法

XMのデモ口座の使い方

XMのデモ口座の利点や注意点

XMでは、デモ口座を開設できます。

デモ口座には、

ゼロリスクで海外FXの練習ができる

EAやインジケーターを試せる

リアル口座と同じ環境で取引を行える

書類提出なく口座開設可能

などのメリットがあるため、 FX初心者などの練習用口座にとても有効です。

本記事では、XMのデモ口座に関して紹介していきます。

気になるトピックをタップ!

XM (エックスエム) のデモ口座を開設する方法

XMの公式サイトへ行く

ノーリスクでFX取引が体験できる、XMのデモ口座は最短1分で開設できます。レバレッジ888倍の取引を体験しましょう。

まずは、以下から公式サイトにアクセスします。

XM 公式ページ

xm デモ3.jpg

上の図のように、XM公式サイトのトップページが開いたら、左側の赤いボタン「デモ口座開設」をクリックします。

個人情報を入力する

xm デモ6.png

上の画面を参考に登録情報を入力しましょう。090や080、050局番の頭の0を省いて携帯電話の番号を入力する必要があります。

デモ口座の取引口座詳細を設定する

取引口座 (デモ口座) の設定や選択例は以下のとおりです。

xm デモ18.png

1

MT4かMT5のどちらかを選択

2

口座タイプを選択 (マイクロ口座は選択できません)

3

口座の通貨を選択 (直感的な日本円をおすすめします)

4

レバレッジを選択 (スタンダード口座は最大888倍、Zero口座は最大500倍)

5

投資額を選択 (200万円を超えるとレバレッジが200倍に制限されます)

取引プラットフォームを選択する

XMの取引プラットフォームは、MT4かMT5の二択になります。MT4はデフォルトで挿入できるインジケーターが豊富です。ただ、処理が重く描画が遅れるケースがあります。

MT5はインジケーターの種類は少ないものの、処理が軽くチャートの動きは軽快です。

口座タイプを選択する

口座タイプは2種類から選択できます。

スタンダード口座はSTP方式で約定力が高いですが、スプレッドが広い傾向にあります。Zero口座はECN方式でスプレッドが狭いですが、取引手数料がかかります。

なお、デモ口座ではマイクロ口座は選択できません。

口座の基軸通貨を選択する

口座の基軸通貨は、米ドル、日本円、ユーロから選択できます。特別な理由がない限り、 直感的に扱える円をおすすめします。

最大レバレッジを選択する

最大レバレッジはスタンダード口座が800倍、マイクロ口座が500倍です。あとから最大レバレッジを変更することはできないため、 最大レバレッジを選択することをおすすめします。

投資金額を決める

レバレッジは、口座残高が220万円を超えると200倍に、1,100万円を超えると100倍に制限されます。

このことを考慮すると、デモ口座であっても200万円以上の口座残高ではじめてしまうと、レバレッジが200倍に下がってしまいます。

高レバレッジ取引を体験するためには、最大でも口座残高を100万円以下の投資金額に抑える設定にすることをおすすめします。

デモ口座のパスワードを設定する

xm デモ46.png

パスワードは上図を参考に、好きな文字列を設定しましょう。ここで設定したパスワードはメモをとって厳重に保管してください。「デモ口座開設」をクリックすると、以下の画面に切り替わります。

xm デモ33.png

ID番号をメモしましょう。次にプラットフォームをダウンロードする前に、登録したメールアドレスを確認します。

メールを確認し、認証作業を行う

登録後24時間以内にメール認証を行わないと、登録した作業が無駄になります。XMに登録したメールアドレスを確認しましょう。「XMTradingへようこそ - Eメールアドレスをご確認ください」という件名のメールが以下のとおり、送られてきます。

xm デモ47.png

上の図のとおり、「Eメールアドレスを確認する」ボタンをクリックすることで、デモ口座の登録は完了します。

このメール認証が完了していない状態で24時間が経過すると、登録した内容は削除されてしまうので、必ずメール認証までは対応しましょう。

XM (エックスエム) のデモ口座のログイン方法

MT4/MT5をダウンロードする

取引プラットフォームで世界No1のシェアを誇るMT4/MT5をダウンロードしましょう。

PCでMT4 / MT5をダウンロードする

xm デモ53.png

メール認証が完了したら、先ほどのプラットフォームのダウンロード画面に戻って「XMTRADING 取引プラットフォームをダウンロードしよう」をクリックします。

すると、以下の取引プラットフォーム選択画面が表示されます。

xm デモ37.png
MT4/MT5は、PC用からスマートフォン用、タブレット用など様々なデバイス用のものがあります。

まず、PC用のダウンロードからセットアップまでを解説します。画面を下にスクロールします。

すると、MT4/MT5が対応しているデバイスの一覧が、それぞれ表示されています。

xm デモ2.png

画面左の列がMT4が対応しているデバイス、右の列がMT5が対応しているデバイスです。

Windowsの場合は、デバイス一覧の一番上の行のWindowsアイコンをクリックします。MT4とMT5はまったく同じ方法なので、ここではMT5で説明します。

「PC対応MT5」をクリックします。

xm デモ40.png

上の画面に切り替わりますので、「ダウンロード」ボタンをクリック。

すると、Windows10の場合、画面左下に「xmtradingSetup.exe」というファイルがダウンロードされます。

xm デモ27.png

「xmtrading5setup」ファイルをクリックします。

Windows8などの場合は、エクスプローラーを起動して、ダウンロードフォルダに「xmtrading5setup」フォルダがありますので、それをクリックしましょう。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示がでたら、「はい」をクリック。すると、数十秒で以下のセットアップウィザード画面が表示されます。

xm デモ30.png

1

MT5のライセンス同意書に目をとおして問題なければ、

2

「次へ」をクリック

xm  デモ35.png

1

デモ口座に登録した情報の確認をします。もし間違いがあれば訂正しましょう

2

サーバーの番号をメモする

3

ライセンス同意書などに同意できることを確認し、チェックを入れる

4

最後に「次へ」をクリック

すると、MT5がインストールされ、起動します。

xm  デモ31.png

なお、PCのデスクトップにXMのMT4又はMT5のショートカットアイコンが自動的に表示されていますので、以降は これらのアイコンをダブルクリックして起動できます。

Web版のMT4も利用可能

MT4には、「XM MT4/MT5 Web Trader」という、Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザで動作させることができる取引プラットフォームがあります。

「XM Web Trader」には、主に次のメリットがあります。

特定のデバイスにダウンロード・インストールをする必要がない

どのパソコンでもアクセスできる

バックアップ用として使える

チャート画面から、直接XM会員マイページに移動できる( 入出金が楽 )

インストール版とWebTraderは同じIDでログインできる

インストールしないため、パソコンのストレージやメモリー負担がない

つまり、 ネットカフェや旅先などでもスマートフォンよりも大きな画面で、取引ができる点が大きなメリットといえます。

ただし、以下のデメリットもあります。

チャート画面を複数表示する場合、処理に時間がかかる

カスタムインジケーターが挿入できない

表示動作が若干遅い

デメリットもありますが、、相場の急激な動きがある際に対応する場合などで、スイングトレードを実践している方には重宝されています。

MT4 Web Treader 導入方法

xm デモ44.png

MT4/MT5が対応しているデバイス一覧で「MT4 WebTrader」をクリック。

xm デモ25.png

「MT4 WEBTRADERへアクセス」をクリック

xm デモ54.png

1

デモ口座登録の際に発行してたIDを入力

2

登録時に入力したパスワードを記入

3

「パスワードを保存」にチェック

4

セットアップ時にメモしたサーバー名を選択

5

「Yes」ボタンをクリック

xm デモ38.png

上の画面は、「XM MT4 WebTrader」をGoogleChrome上で起動した画面です。

スマホでMT4 / MT5をダウンロードする

スマートフォン (スマホ) 用のXM MT4とMT5のダウンロード・インストール方法です。

スマホ用のMT4/MT5は、トレードでポジションを持ちながら外出する際にとても便利です。IDとパスワードはPC用と共通で使え、ログインできますので、ぜひスマホにもMT4/MT5をダウンロード・インストールしておきましょう。

導入する手順は簡単ですが、PC版とは若干異なるステップもありますので、ご参考にしてください。

スマホにMT4/MT5を導入する方法

今回は、Androidを対象にご説明しますが、本記事をご参考にご自身の端末や環境にあわせて対応しましょう。

xm デモ59.png

MT4/MT5が対応しているデバイス一覧で「Android対応MT4」をタップ。

xm デモ58.png

1

すでにPC版をダウンロードして、XMのIDをお持ちの方は、GooglePlayをタップします

2

インストールをタップします

xm デモ57.png

1

「開く」をタップ

2

「承認」をタップ

xm デモ45.png

デモ口座を開くかどうかの承認なので、「承認」をタップ。FXの通貨ペアが並んで、数字が動いているとMT4のインストールは完了です。

なお、 はじめてスマホ版MT4にログインする場合は、「ログイン画面」が表示され、ログインするためには、ID・登録パスワード・使用サーバー名の記入が必要になります。

PC版で登録・インストールした際に届いたメール「XMTradingへようこそ - お口座の詳細」に、ID番号とサーバー名が記載されていますので、確認してログイン情報欄に記載すればログインできます。

MT4 / MT5にログインする

PCでMT4 / MT5にログインする

PCで、MT4/MT5にログインする方法を解説します。

xm   デモ31.png

PCのデスクトップに、上の図のようにインストールしたMT4/MT5のショートカットアイコンがあります。

アイコンをダブルクリックすると、MT4/MT5が起動します。以降は、前述したMT5でログインする手順をご説明します。MT4でもログイン手順は同じですので、以下をご参考にしてください。

xm デモ24.png

上の図のとおり、①②の順にクリック。すると、下の図のように、ログイン画面が表示されます。

xm デモ16.png

上記の手順で記入・選択してください。

「OK」ボタンをクリックしたあと、ログインに成功しているかどうか、以下の何れかを確認すればわかります。

xm デモ48.png

上の図の、

1

表示が「回線不通」と表示されたままになる

2

ターミナルの「取引」タブが表示されない

3

口座残高が表示されない

4

気配値とチャートに動きがない、表示されない

などの状況で、ログインに失敗したことが確認できます。

このように、ログインできない場合は次の手順で対応しましょう。

1

ID番号の前後にスペースが含まれてないか確認し、再度手入力してみる

2

パスワードを手入力してみる

3

IDとサーバー名の控えを確認し、入力しなおす

4

パスワードの控えを確認し、入力しなおす

5

選択したサーバーを別のものに変えてみる

iPhoneでMT4 / MT5にログインする

まず、デモ口座を開設した際に、XMから届いた件名「XMTradingへようこそ - お口座の詳細」を確認します。 IDとサーバー名をメモしている方は、この工程は必要ありませんので次の工程に進んでください 。

xm デモ10.png

IDとサーバー名のメモをとりましょう。次に、スマートフォンのMT4 (MT5) のアイコンをタップして、アプリを起動します。

xm デモ60.png

MT5 (MT4) アプリを駆動すると上の図の左画像が、表示され、まだどのFX会社とも紐づいてない状態がわかります。

画面上部の「十」ボタンをタップします。

上の図の右側の画像で、一覧にはMT5の開発会社MetaQuotes (メタクオーツ) 社しか表示がない状態です。

そこで、以下の図のとおり、画面上部の検索欄に、「xmt」と入力します。

xm デモ36.png

1

検索欄に「xm」と入力

2

XMから送られてきたメールに記載のサーバー名と同一の社名を選択

3

XMから送られてきたメールに記載のIDを記入

4

デモ口座開設時に入力した登録パスワードを記入

5

XMから送られてきたメールに記載のサーバー名と同一のサーバー名を選択

6

「パスワードを保存」にチェックを入れる

7

最後に「ログイン」ボタンをタップ

※ここでXMのロゴがある方 (XM Trading MU) を選択してしまうとログインできません。

すると、以下のように画面が表示されます。

xm デモ28.png

上の図の左の画面がでたら、ログイン成功です。画面下のアイコンメニューのチャートボタンなどをタップして、表示を確認しましょう。

もし「認証失敗」と表示された場合、

IDを確認のうえ、再度入力

パスワードのアルファベットの大文字と小文字の入力間違いを確認

FX会社の選択を間違ってないか確認

の3点を対応してみましょう。

それでもだめな場合は、PC版のデモ口座でログインできるかを確認して、ログインできた際には、もう一度スマホ版で試してください。 PC版でログインできない場合は、デモ口座を作り直す必要があります。

AndroidでMT4 / MT5にログインする

AndroidでMT4にログインする方法を解説します。

まず、デモ口座を開設した際に、XMから届いた件名「XMTradingへようこそ - お口座の詳細」を確認します。 IDとサーバー名をメモしている方は、この工程は必要ありませんので次の工程に進んでください 。

xm デモ52.png

IDとサーバー名のメモをとりましょう。次に、スマートフォンのMT4 (MT5) のアイコンをタップして、アプリを起動します。

xm デモ14.png

上の図の左画面が起動し、どのアカウントとも関連付けされてない状態の画面が表示されます。

1

右上の十字ボタンをタップ

2

「既存のアカウントにログイン」をタップ

まだXMに登録されてない方は、XMの公式サイトからに登録して、口座開設をしてIDを取得しましょう

xm デモ9.png

MT4のデフォルトでは、MT4/MT5の開発会社メタクオーツ (MetaQuotes) 社が前面に出てきますので、FX会社のすべてのサーバーは表示されていません。「証券会社で検索」の欄で検索する必要があります。

1

一覧にサーバー名がない場合は、検索欄に「xmt」と入力

2

メモのサーバー名と符合するサーバー名をタップ

実は、ここでサーバーが見つからずに諦める方も少なくありません。検索のやり方は重要です。

xm デモ13.png

1

メモしていたXMのIDを入力

2

XMに登録の際、記入したパスワードを入力

3

Android版MT4に、ログイン成功!

ログインに成功すると、あなたのお名前と共に、口座残高・IDなどの口座情報が表示されます。

もし、「認証失敗」と表示された場合、

IDを確認のうえ、再度入力 (コピペした場合、iDの前後にスペースが含まれてないかを確認)

パスワードのアルファベットの大文字と小文字の入力間違いを確認

FX会社の選択を間違ってないか確認

の3点を対応してみましょう。

XM (エックスエム) のデモ口座の使い方

チャートの背景の色を変更する

MT4は、チャート画面の色が自由に変更できます。

MT4とMT5の色調整の方法は同じですから、今回はMT4で色変更例を説明します。下の図の画面左が、MT4のデフォルト画像です。

xm デモ42.png

これを見やすくしていきます。

1

チャート上で右クリック (ここだけ右クリック)

2

プロパティ―をクリック

3

背景色をクリック

4

カラー選択でWhiteをクリック

xm デモ29.png

同様に以下の項目を変更

上昇バーをクリックして、Redを選択

下降バーをクリックして、Blueを選択

「OK」をクリック

xm デモ41.png

このように、一般によくみる色合いに変更できます。

なお、複数のチャートを一画面に表示する場合は、以下の対応をしておきましょう。

xm デモ43.png

上記の順にクリック

xm デモ34.png

他の通貨ペアを同様の色合いにしたいときは、

1

対象のチャート上で右クリック

2

定型チャートをクリック

3

上記の保存した名前をクリック

このように、色設定を複数のチャートで統一できます。

取引する通貨ペアを選択する

取引する通貨ペアを選択する手順は以下のとおりです。

xm デモ51.png

「表示」ボタン、「気配値表示」ボタンの順にクリック

xm デモ39.png

1

取引する通貨ペアを右クリック

2

「チャート表示」をクリック

チャートが表示され、取引できるようになります。

デフォルトでは、気配値一覧には取引できるすべての通貨ペアは存在していません。通貨ペアを新たに一覧に加える方法は以下のとおりです。

xm デモ7.png

「表示」ボタン、「通貨ペアリスト」ボタンの順にクリック

xm デモ15.png

通貨ペアリストウィンドウが表示されたら、

1

取引する通貨ペアをダブルクリック (ゴールドの通貨ペアは気配値一覧にあります)

2

選択し終わったら、「閉じる」をクリック

気配値一覧を確認して取引する通貨ペアのチャートを開きましょう。

時間足を設定する

時間足の設定は、MT4上部のアイコンメニューの列にある、時間足選択メニューのなかから、時間足を選択することで逐次設定を変更できます。

ここでは、チャートの表示形式を、一般的なローソク足に変更して解説します。

xm デモ8.png

1

アイコンメニューの「ローソク足」をクリック

2

時間足選択メニューの「M5」( 5分足 )をクリック

「W1」 (週足) から、M5 (5分足) チャートに切り替わりました。

xm デモ23.png

上の画像のとおり、一般的なチャートの色合いと形になります。

取引に用いるインジケーターを選択する

MT4は、数あるチャートソフトのなかで、インジケーターが最も豊富なツールです。

その挿入方法を以下に解説します。

移動平均線をMT4に挿入する

xm デモ21.png

1

メインメニューの「挿入」

2

「インディケータ」

3

「トレンド」

4

「Moving Average」

の順にクリック。

すると、Moving Average (移動平均線) の設定ウィンドウが表示されます。

xm デモ11.png

上記手順で記入・選択します。

①の期間について、「20」は短期トレンドです。中長期の移動平均線がある方がトレンドを計りやすいので、以下の設定をおすすめします。

期間 100 中期トレンド

期間 200 長期トレンド

インジケーターは、トレンド系とオシレーター系、ボリューム系、カスタム系、有名トレーダーが使用しているものに分類されています。

ご自身の好みのものを選んで使ってみましょう。

実際に取引する方法

成行注文を行う

成行注文は値段を指定せずに、そのときの市場価格で「買う」 (ロング) 又は「売る」 (ショート) 場合の注文方法です。相場の転換点や上値抵抗ラインを超えた際などに、相場についていくエントリーをするときに確実に約定する方法として使います。

まず、成行注文で便利なワンクリック注文を設定しましょう。

xm デモ49.png

上記手順でクリックしてください。ポップアップメニューが表示されますので、取引を選択します。

xm デモ26.png

「ワンクリック取引」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

xm デモ 56.png

1

チャート上で右クリック

2

「ワンクリックトレード」をクリック

すると、以下のとおり、チャート上にワンクリック注文 (トレード) パネルが表示されます。

xm デモ20.png

SELLが成行売り注文、BUYが成行買い注文です。どちらかをワンクリックするだけで成行注文が入ります。注文ロット数を間違えないように注意してください。

注文ロット数は、デフォルトで「0.01」など、小数点第二位まで表示されています。

0.01は、0.01ロットのことで1,000通貨

0.1は、0.1ロットのことで10,000通貨

1.00は、1ロットのことで100,000通貨

このケタを間違えると、大きな損失に繋がる危険がありますから、気をつけてください。最初は手入力ではなく、▼▲ボタンをクリックして使う方が安全です。

指値注文を行う

指値注文は、色々な方法がありますが、ここでは最も簡単な方法をご紹介します。

xm デモ1.png

指値注文をしたい価格のあたりで右クリックします。

xm デモ22.png

アクションメニューが表示されますので、一番上の「指値買い」をクリックします。

xm デモ17.png

上の図のとおり、指値買い注文ラインがチャート上に表示されます。

xm デモ19.png

ドラッグ&ドロップで、指値価格を変更することができます。

このやり方は、現在価格より下値にマーカーをあわせると「指値買い」に、高値にあわせると「指値売り」に自動対応してくれますので便利です。

xm デモ4.png

このように、エントリーラインとロスカットライン、利確ラインが瞬時に設定できますので、大変便利です。

逆指値注文を行う

逆指値注文についても、指値注文と同様に先ほどの指値買い注文の例で、以下のように、約定してからストップロス (逆指値) 注文を設定することができます。

xm デモ5.png

指値注文が約定したあとで、ラインをドラック&ドロップすると、赤いロスカットラインが表示されます。

また、現在価格より高い価格で買い注文、安い価格で売り注文をする場合は、次のとおりです。

xm デモ55.png

すると、以下のように表示されます。

xm デモ12.png

板注文を行う

板注文のメリットは、成行の予約注文がいつでもできる点にあります。スキャルピングでよく使われている注文方法なので、覚えておきましょう。

xm デモ50.png

1

チャート上で右クリック

2

メニューから「板注文画面」をクリック

すると以下の画面が表示されます。

xm デモ32.png

左の赤の下向きマークをクリックすると、マークの左に表示している価格で売り指値し、レートが指値に到達したら、成行売りが実行されます。

右の青の上向きマークをクリックすると、マークの左に表示されている価格に売り指値し、レートが指値に到達したら、成行買いを実行します。

XM (エックスエム) のデモトレードのメリット

笑顔で握手している男性

ゼロリスクで海外FXの練習ができる

デモ口座を使ったトレードはゼロリスクで海外FXの練習ができるというメリットがあります。

デモ口座でなら、実際に 資金を入金して取引を行う必要がないためリスクを負うことがありません。

そのため、自分自身の スキルの確認や戦略の確認など、海外FXの練習に有効活用できます。

また、FX初心者などが取引の経験を積むのにも有効です。

リアル口座と同じ環境で取引を試せる

デモ口座とリアル口座の違いは実際に資金を入金して取引を行うかどうかです

そのためデモ口座でも、

リアル口座の取引商品すべてに対応

チャート表示に対応

インジケーターに対応

EAに対応

MT4/MT5に対応

など、リアル口座と同じ取引環境で取引を行えます。

心理的負担なく取引練習ができる

デモ口座の取引では、100,000USDの仮想残高の取引です。といっても、 チャートは勿論、本物ですからリアルな取引体験ができます。

相場が将来、どのように動くかを実際のチャートを分析しながらシナリオを描いてみましょう。

相場のシナリオが描けたら、取引高を決め、利益確定又はロスカットポイントを設定し、エントリーします。

当然、シナリオどおりなら利益を獲得、仮想残高はどんどん増え、逆にシナリオが外れたとしても仮想残高が減少するだけですから、ストレスはありません。

このように、 デモ取引は心理的負担なく相場を体感し、取引の練習ができます。

メールアドレスだけですぐに口座開設できる

XMのデモ口座は、次の3ステップで開設できます。

1

住所( 都道府県と都市のみ )・氏名

2

電話番号

3

Eメールアドレス

2分もあれば、手続き完了です。なお、氏名は本名でなくてもデモ口座の段階では問題ありません。

有効期限がない

デモ口座に有効期限はありません。しかし、以下の場合には注意が必要です。

保有ポジションがない

90日間取引がない

これらの場合、休眠口座になってしまいデモ口座は使えなくなってしまうので注意が必要です。

最大5つまで開設可能

デモ口座は、 同じメールアドレスで最大5つ口座を開設できます。5つまで口座を開設できるため、

スタンダード口座

Zero口座

MT4

MT5

これら全ての口座を好きに組み合わせて試すこともできます

XM (エックスエム) のデモトレードをする際に注意すべきポイント

困ってる男性と書類

実践的な感情のコントロールは身につきにくい

デモ口座での取引では、 実践的な感情のコントロールが身につきにくいのがデメリットです

なぜなら、自身の資金で取引を行っていないため損失が発生しても 感情が揺れ動きにくいからです。

デモ口座では架空の資金で取引を行うため、どうしても 緊張感のない取引になってしまいます。

ボーナスが付与されない

デモ口座はあくまで 練習用の口座のため、XMが開催している 口座開設キャンペーンのボーナスは付与されません

また、デモ口座には入金も行えないため入金ボーナスも付与されないので注意が必要です。

リアル口座とサーバーが異なる

デモ口座とリアル口座では、 使用しているサーバーが異なります

サーバーが異なると、

為替レート

約定力

が多少異なることもあります。

そのため、デモ口座の感覚でリアル口座の取引を行っていると違和感を覚えてしまうかもしれません。

90日以上ログインしていない状態が続くと使えなくなる

基本的にデモ口座には有効期限がありません。

しかし、先述のように 休眠口座になってしまうと口座がロックされてしまい使用できなくなってしまうので注意が必要です。

休眠口座になる条件は、

保有ポジションがない

90日間取引がない

2つの条件が満たされると休眠口座になってしまうので注意が必要です

マイクロ口座は対応していない

デモ口座では、インターバンク市場 (英国) に注文を流すスタンダード口座とECN市場 (米国) で取引をするZero口座での取引体験ができます。

スタンダード口座と同じ環境で取引をするマイクロ口座には対応していません。

これらの口座の違いは、以下の表のとおり、スタンダード口座は1ロットが10万通貨、マイクロ口座は、1ロットが1,000通貨など、取引通貨の単位と量だけでです。

マイクロ口座とスタンダード口座の違い

マイクロ口座

スタンダード口座

取引通貨単位 (1ロット)

1,000通貨

100,000通貨

最小取引通貨量

10通貨

1,000通貨

最大取引通貨量

100,000通貨

5,000,00通貨

マイクロ口座に興味があるという方は、スタンダード口座で取引ロット数を0.01ロット (1,000通貨) にして、デモ取引をしましょう。そうすることで、 マイクロ口座で取引をしていることと同じ環境のデモ取引ができます。

レバレッジの変更や追加入金は口座を作り直すかリセットしなければならない

XMのデモ口座のレバレッジの変更をしたい、仮想残高がなくなったので資金を追加したいという場合には、 デモ口座を新たに作り直す必要があります。

2分もあれば、新たなデモ口座は開設できますので、見た目にMT4 (又はMT5) の資金が増えただけという状態になります。インジケーターなどの設定は一切変わりません。

リセットする方法もありますが、MT4 (又はMT5) の設定も保存される、新たに作り直す方法の方が手間もかからず簡単です。

XM (エックスエム) のデモ口座が使用できない場合の対処法

木のブロック

XMのデモ口座にログインできないときの対処法

パスワードを忘れてしまった場合

デモ口座のパスワードを忘れてしまった場合、 サポートページからパスワード変更を依頼できます。

1

サポートページにアクセス

2

「日本語ライブチャット」をクリック

3

ライブチャット上で「パスワード変更したい旨」「デモ口座の番号」「登録しているメールアドレス」を入力

以上の手順で、パスワード変更の依頼ができます。

変更依頼が受理されると、 登録してあるメールアドレスに新しく発行されたパスワードが記載されたメールが届きます

新しく発行されたパスワードを使用してログインできます。

MT4 / MT5のバージョンが古い場合

MT4 / MT5のバージョンが最新でない場合も、ログインできない原因の1つとして考えられます。

2015年11月26日以前にMT4をダウンロードしている場合、MT4は古いバージョンのものになるので最新版のMT4をダウンロードする必要があります。

最新版のMT4 / MT5は、 公式サイトのプラットフォームのページからダウンロードできます

XM 公式ページ

回線状況に問題が発生している場合

MT4 / MT5の画面で「回線不通」と表示される場合、ネット環境に問題がある場合が考えられます。

インターネット回線が切れているか不安定な可能性があるため確認が必要です。

また、サーバーへの回線が混雑していたりダウンしてたりする場合も考えられるため、 時間をおいて再度接続できるか試してみることも必要です

XMのデモ口座で取引できないときの対処法

口座タイプに対応していないチャートを表示している場合

XMでは、口座タイプごとに対応しているチャートが異なります。

そのため、新規注文を行う際も 口座タイプごとに対応した通貨ペアを選択する必要があります。

口座タイプごとに通貨ペアの表記が異なり、 対応した通貨ペアを選択しなければ注文を行えないので注意が必要です

注文時の設定に間違いがある場合

注文時の設定に間違いがある場合も注文を行えません

指値注文の種類

注文種別

注文内容

Buy Limit

現在のレートより低いレートでの買い注文

Sell Limit

現在のレートより高いレートでの売り注文

Buy Stop

現在のレートより高いレートでの買い注文

Sell Stop

現在のレートより低いレートでの売り注文

これらの設定した 注文種別と現在の市場価格に相違がある場合、注文を行えないので確認が必要です。

CFDで取引時間や取引数量を間違えている場合

CFD取引では銘柄ごとに、

取引可能時間

取引可能注文数

が決められているため、 取引時間外や間違った取引注文数などを設定している場合注文を行えません。

また、 最大レバレッジも銘柄ごとに変動してしまうため取引を行うなう前に確認が必要になります。

XMのデモ口座の残高がなくなり追加入金したいときの対処法

デモ口座の残高がなくなってしまった場合サポートページから、

残高変更

口座リセット

どちらかの依頼を行うことで、 取引を継続できます

1

サポートページにアクセス

2

「日本語ライブチャット」をクリック

3

ライブチャット上で必要事項を入力

以上の手順で依頼できます。

XM (エックスエム) のデモ口座に関するFAQ

Q:デモ口座開設までどれくらいかかりますか?

XMにデモ口座の開設を申請すると、メールアドレス認証をするだけで、 即時開設されます。

メールアドレス認証メールは、デモ口座開設申請直後に届きますので、待ち時間はありません。

また、デモ口座は、1メールアドレスあたり、5口座まで開設できます。

Q:デモ口座のタイプは何種類ありますか?

XMのデモ口座のタイプは、スタンダード口座とZero口座の2種類です。マイクロ口座はスタンダード口座と同種であるため、対応していません。

Q:デモ口座のリセット方法について教えて下さい

デモ口座をリセットする方法は、以下の2種類があります。

XMのカスタマーサポートにデモ口座の設定をリセットするよう依頼する

新たにデモ口座の開設申請をする (新規開設)

カスタマーサポートでは、レバレッジの倍率変更や仮想残高の変更などにも対応可能です。カスタマーサポートは、XMの公式サイトの最上段のメインメニューにある「サポート」をクリックし、日本語ライブチャットで依頼するか、サポートデスクに下記メールアドレス宛メールでご依頼ください (土・日休業) 。

XMサポートデスク: support@xmtrading.com

Q:スマホでもデモ口座で取引できますか?

XMのデモ口座は、リアル口座と同様に、スマートフォン (スマホ) にも対応しています。スマホ版には、MT4、MT5、XMアプリの3種類があります。

XMアプリは、 MT5のデモ口座アカウントでのみログイン可能です。

AndroidはGooglePlay、iosはAppStoreで、「XMT」で検索すると「XMTrading-Tradexfin」の名称で公式アプリが表示され、無料でインストールできます。

「XM」というアプリも表示されますので、間違わないようにしましょう。

デモ口座開設時にXMから送られてきた件名「XMTradingへようこそ - お口座の詳細」に、口座のIDとサーバー名が記載されていますので、これらをアプリのログイン画面で入力するとすぐにデモ取引ができます。

Q:デモ口座で土日に取引はできますか?

土日の取引は、XMではできません。また、土日は 新規注文・決済は一切できませんのでご注意ください。ただ、日本の祝日に関しては取引可能です。

XM (エックスエム) のデモ口座 まとめ

XMではデモ口座を開設できます。

デモ口座には、

ゼロリスクで海外FXの練習ができる

EAやインジケーターを試せる

リアル口座と同じ環境で取引を行える

などのメリットがあるため、 FX初心者などの練習用口座にとても有効です

しかしデモ口座では、

緊張感のある取引ができない

感情のコントロールが体験できず成長には繋がりにくい

などの デメリットもあるので注意が必要です。

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.